忍者ブログ

そういう時もある

4/26 ギャラリー更新しました

6年後の少女と風



「リリィー、前に、あたしをお嫁さんにはできないって言ったよね」
「え?そんなこと言ってないよ」
「ううん、言うんだよ。これから。そう…2年後、くらいに」







6年後の少女と風



 とある日の夕暮れ、いつも何かしらおかしな目に遭う青年、リリィーは今日もまたいつもと違う光景を目の前にし、困惑していた。


「あたしはラナ。リリィーがよく知ってるラナだよ」


リリィーの目の前には、自分をラナと名乗る少女が立っていた。正確に言うと、少女と形容するには少し大人びている。


「俺がよく知ってるラナはもっと小さくて子供っぽいんだけどな?」
「うん、だって、今のあたしは6年後のあたしだから」
「6年後?」


そうだよ。と微笑み、少女はリリィーへ1歩近づいた。


「あたし、未来から来たの」


その一言に、リリィーは言葉も返せず片方の目を丸くした。未来から来る?そんなSF漫画のようなことが起こるはずがない。きっと何かのドッキリにでも仕掛けられてるんじゃないかと、青年は警戒した。


「そ、そうか。それなら、6年後の俺はどうしてるの?ほんとうに未来のラナなら分かるよね?」
「リリィーはもういないよ」
「…え?」
「6年後にリリィーはもういない」


予想外の言葉を突きつけられ、困惑した状況にさらに困惑が積み重なる。リリィーはなにか言いかけたが、その口からは何も言葉が出なかった。


「だからね、あたし、今リリィーに会えてすごく嬉しい。今のあたしはリリィーに会うこともできないから」
「そう言われても、俺は…」
「うん、分かってる。勝手なことをしてほんとうにごめんね」


ラナはかつての面影と変わらない憂いの表情をした。リリィーの記憶の中のラナと重なり、この女性が本当にラナなんだと感情が訴えかけてくる。


「リリィー、前に、あたしをお嫁さんにはできないって言ったよね」
「え?そんなこと言ってないよ」
「ううん、言うんだよ。これから。そう…2年後、くらいに」
「えっ?」


一瞬、憂いの表情を見せたラナは、なにか考えたあとに困った笑顔でそう言った。


「いまのあたしならもう、いいでしょ」
「は、はあっ…!?」


ラナはすぐに、冗談だよ。といつものふざけた笑顔をこぼしたあと、どこか真剣な表情を見せた、気がした。


どことなくリリィーの鼓動は早くなっていた。未来から来たという信じられない言葉、6年後自分はいないという事実、そしてラナの言葉。全て頭で理解は追いついていなかったが、身体に痺れる感覚があった。


「もうそろそろ時間かな」


ぼそりとつぶやき、ラナはリリィーに背を向けた。その背中は、リリィーの知る背中よりも数倍大きな背中になっていた。


そして、一歩前へ踏み出すラナに、リリィーは思わず声をかけていた。


「ま、まって」


「未来であたしを捜して」


少女はそう一言残し、次の瞬間にはどこかへ消えてしまっていた。
虚しくも空を掴んでいた手を撫でる風は、青年をあざ笑うかのように通りすぎた。



にほんブログ村 イラストブログ オリキャライラストへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です。

拍手[3回]

PR