忍者ブログ

そういう時もある

4/26 ギャラリー更新しました

母が何故かおそ松さんのクリアファイル欲しがってた


ベルガモット「僕に何か用?」
そういえばギャラリーをかなり整理しました。昔懐かしい漫画もどきとかも発掘してきたので、もしよかったら覗いてみて下さい。……おかげでNEW祭りが悪化していますが。


サイトスタイルに戻ってみようと、ツイッターから離れて1週間。なんていうか、暇。ツイッターとかなかった時代どうしてたんだろうってまじで思ったわ……。このままここで更新を続けていて何かあるのかなと考えたわ……

そして、ふと思い出したんだけど昔は掲示板に入り浸ってた。なにか書きこみして、その返信が来てるか見るのがすごく楽しみだったんだよね。それを思い出したら、今とやってること変わりないじゃんって(笑)

そうなんだよ。結局は、昔は確かにサイト更新してたけど交流所に行ってたからホントは今も昔も変わりないんだよね。そう思うと便利で手軽な時代になったなあとかしみじみ思います……ツイッターだったら、返信くれば通知してくれるしね。

でも、返信が来てるかついつい何度も見に行ってしまうあの感覚もまた良いなと思いました。


今日の午前中、映画館で韓国の青春映画を見ました。母が昔から韓国ドラマ好きで、わたしはまともに見たことはないけどちょいちょい見てる程度の考えからしても、映画というより連続ドラマっぽい構成だった。恋愛とか青春系の映画ってあんまり興味ないからそこまで期待していなかったけど、期待してなかった分楽しめました。

やっぱり、事前の期待の具合って大きいよね。最初から期待しててあまりよくないと「そんなに面白くなかった」ってなるけど、期待してなくて普通に良いと「意外と面白かった」ってなるからね。期待してて期待以上の面白さの時「これは神作だ」ってなるんですけどね(笑)

作中で祖父と孫が2人で暮らしていたけど、祖父が年を取ってしまったがためにもう一緒に住めないという話になったのね。その次の日孫が突然いなくなってしまって、主人公と友達たちで必死に探すと薬局に前で見つかった。勝手にいなくなるな。心配したんだぞ!と怒ると、実は影ながら祖父と一緒に住めなくなると聞いてしまった孫は、祖父のために若返りの薬を探しにいくけどどこにもなかったと泣きながらいうシーンがあって、ちょっと泣きそうになりました。

号泣するほど感動する話ではないけど、さわやかでドロドロしていなくて明るい青春映画でした!母曰く、以前見た韓国映画で「続きは衛星放送で!」みたいな、完結しない映画があったらしく、とりあえずちゃんと終わってくれたからよかったと。ww


あと、記事のタイトルにあるように数日前母がセブンイレブンでガムを買うとおそ松さんのクリアファイルが貰えるという広告を見て、いきなりこれ欲しいと言い出してビビりました。別にアニメ見てるわけでもないし、たぶんおそ松くんしか知らないと思うんですけど。

わたしもアニメ3話くらいまで見て終わっちゃった人なので、名前はかろうじて知ってるくらいなのですがセブン行ったら割と普通にあったので買いました。なんで欲しくなったのかは分からないけど、懐かしがってなのかな?デザインもかわいい感じだし、あの小さいサイズが使いやすいらしく喜んでおりました。

今日は土曜日だから、ペンギンズだ!見なきゃ!!


にほんブログ村 イラストブログ オリキャライラストへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です。

拍手[2回]

PR