ほうじ茶かいだら温泉みたいな匂いした|雑記|そういう時もある

そういう時もある

双子と男の娘が宇宙を旅するぶっ飛びギャグ創作をやっています

ほうじ茶かいだら温泉みたいな匂いした

温泉は行きたいね。旅行好きだし。

先日、母との会話。

母「リゼロ2周目見終わっちゃったよ」
わたし「同じアニメ2回見てんの!?他の見なよ!!」
母「鬼滅も2周見てるからね笑」
わたし「2周も見ててさ~話分かってんの?」
母「2周見てるけど未だにキャラの名前分からない」
わたし「wwwせめて主人公格のキャラは覚えなよ」
母「それはね~ 善治郎は分かる
わたし「wwww混ざってんじゃん」
母「え!!!!?!!?wwwwwwwwwww」
わたし「いやリアルに間違えてたのwwwwwwwww」
母「えっウソッ 善治郎じゃないの??あーーえっと、善助?
わたし「それも混ざってんじゃんwwwwwwwwwwwwww」
母「えっうそwwwwwwww」

結局善逸だけ分かるっていう。。(推しだから)
ちなみに、熱い主人公が嫌いだから炭治郎は好きじゃないと言われました笑(まちは炭治郎好きなのに)

そういえば、数年前に創作交流していた方から、メールを頂きましてとても嬉しかったのです♪
メールでのやり取りっていうのもまた、懐かしさを感じてしまったwww

生き急ぐ現代。あと半月くらいで自粛生活は全国的に解除されるかもしれないですが、こんな時期だからこそゆっくりとノスタルジーに浸ってもいいかなぁなんて思います。

ちなみにノスタルジーの意味を調べるとこういう説明が出てきます。

遠く離れた物事や過ぎ去ってしまった物事について、懐かしみ、しみじみと思い馳せる心境を指す語。
「すでに遠く離れてしまった」「できることなら戻りたい」「しかしそこには戻れない」というような意味合いが多分に含まれる。

そうそう、これだよ……………………。

説明からしてなんちゅーエモさ。
こういう世界観がなんとも言えず好きです。心臓を握りつぶされてるような、そんな苦しさを感じるというか。

コロナ禍の学生、大変よね。課題もある上にリモート授業なんて最悪だね。そんなの全然集中できないと思う。リモート授業だけならまあ適当に受ければいいけど、そんな十分でない環境での授業なのに課題も出さないといけないってめんどくさっって思う。

今やりたいなーとかなんとなく思うこともあるけど、色々やりすぎると手につかないの分かってるんよね~。と言いつつも、やっぱ自粛期間でリモートだからいつもより時間に余裕あることを思うと、今しかできないやるべきことをやる方がいいよなって思ったり。

正直ブログの記事は永遠に書けると思う。常に考え事してるから。
何か思いついて、普段ならツイートしたいなってところ、メモ帳にメモして後から文作り直して記事にするというやり方をとっています。

次の記事のネタにしよーって、全部は使わずにネタ小出しにしていってるんだけど、メモが溜まる方が早くて記事に全部消化できないかもしれない…

一応今は1日2記事までに抑えてるんだけど、もっと更新してもいいかなぁ?しかしメモを全部発信しようとすると、まとまりのない内容になってしまうんだけどねwww


追記で拍手返信

















きったそさん
>どうぞスタバってみてください
乾燥マッシュ関東限定なんかなぁ?


真智のサイトはこちら

拍手[0回]